MENU

Python Basic _ Variable Practice Exercise 20 (JP)


Variable Problem
   

目次

変数宣言とデータ型

変数は、値を保存するためのメモリ空間に付けられた名前です。Pythonでは、変数を宣言する際には変数名を指定し、代入演算子(=)を使用して値を割り当てます。例えば、x = 10xという変数に10という値を割り当てることを意味します。

Pythonでは、データ型は値の種類や特性を表します。いくつかの基本的なデータ型には以下のようなものがあります。

整数 (Integer):整数値を表します。 例)x = 10 

浮動小数点 (Float):小数点以下の数字を含む浮動小数点値を表します。
  例)y = 3.14 

文字列 (String):文字のシーケンスで構成される値であり、シングルクォーテーション(”)またはダブルクォーテーション(“”)で囲まれます。
  例)name = 'John' 、 message = "Hello" 

ブール (Boolean):真 (True) または、偽 (False) の値であり、条件式などで主に使用されます。
  例)is_valid = True 

また、変数と一緒に基本演算子(+, -, *, /)なども使って計算することも可能です。これらの演算子は主に数字データ型(整数および浮動小数点)間で使用されます。

整数変数の簡単な問題です。

問題1

二つの変数 num1 と num2 を作成し、それぞれの変数に数値を代入し、それらの変数を足し合わせた結果を別の変数に保存してから、結果を出力してください。
num1 = 10
num2 = 20
sum = num1 + num2
print(sum)

問題2

二つの文字列変数 first_name と last_name を作成し、これらの変数を結合して full_name を出力してください。
first_name = "Michael"
last_name = "Jackson"
full_name = first_name + " " + last_name
print(full_name)
first_name = "Michael"
last_name = "Jackson"
full_name = f"{first_name} {last_name}"  #format関数を使用
print(full_name)

問題3

整数型の変数 age を宣言し、自分の年齢を割り当てます。そして、その変数を使用して次の文を出力するコードを書いてください。

出力:私は 25 歳です。

上記の例では、年齢を25歳にしています。実際は、自分の年齢を書いてください。
age = 25
print("私は", age, "歳です。")

問題4

整数型の変数 「apple」 を宣言し、7を割り当ててください。
また、整数型の変数 「banana」 を宣言し、3を割り当ててください。
この2つの果物は1つの箱に入れる必要があります。
「box」という整数型変数に、appleとbananaの合計値を保存してください。
そして、以下のような文を出力するコードを作成してください。

出力 : 箱の中には、合計10個の果物が入っています。
apple = 7
banana = 3
box = apple + banana
print(f"箱の中には、合計{box}個の果物が入っています。")

問題5

所持金が5000円あります。整数型の変数 「money」 を宣言し、5000を割り当ててください。
パン屋で販売されている1つのパンの価格は700円です。整数型の変数「bread_price」を宣言し、700を割り当ててください。
所持金で最大で何個のパンを購入することができるか計算し、「bread_count」という名前の整数型変数に保存してください(ただし、小数点以下の金額は使用しません)。
そして、以下のような文を出力するコードを作成してください。

出力 : 私は、5000円で最大7個のパンを購入することができます。
money = 5000
bread_price = 700
bread_count = money // bread_price
print("私は", money, "円で最大", bread_count, "個のパンを購入することができます。")

問題6

円の半径を表す変数 radius を作成し、円の面積(circle)を計算して出力してください。
円の面積はπr²(πは3.14159)で計算されます。
radius = 3
circle = radius**2 * 3.14159
print(circle)

問題7

二つの変数 width と height を作成し、それぞれの変数に幅(width)と高さ(height)の数値を代入してください。その後、この変数を使用して長方形の面積(area)を計算し、結果を表示してください。
# 長方形の幅と高さを変数に割り当て
rectangle_width = 120
rectangle_height = 20

# 長方形の面積を計算
rectangle_area = rectangle_width * rectangle_height

# 面積を表示
print(rectangle_area)

問題8

三つの変数 base, height, そして area を作成し、base と height にそれぞれ底辺と高さの数値を代入してください。その後、この変数を使用하여三角形の面積(area)を計算し、結果を表示してください。
# 三角形の底辺と高さを変数に割り当て
triangle_base = 40
triangle_height = 80

# 三角形の面積を計算
triangle_area = (triangle_base * triangle_height) / 2

# 面積を表示
print(triangle_area)

問題9

半径を表す変数 radius を作成し、その変数に半径の数値を代入してください. その後、この変数を使用して球の体積(volume)を計算し、結果を表示してください. 球の体積は 4/3πr³ で計算されます。
# mathモジュールを使用して円周率 math.pi を取得
import math

# 半径を変数に割り当て
radius = 15

# 球の体積を計算
volume = (4 / 3) * math.pi * (radius ** 3)

# 体積を表示
print(volume)

問題 10

変数 minutes を作成し、整数値で代入してください。そして、この時間を時間と分の組み合わせに変換し、表示してください。例えば、120分は2時間 0分と表示されます。
minutes1 = 125
minutes2 = minutes1 % 60
hour = minutes1 // 60  # 割り算の商(結果は整数)
print(f"{hour}時間 {minutes2}分")

問題 11

変数 price と quantity に商品の価格と数量を代入し、合計金額を計算して表示してください。
# 商品の価格
product_price = 152

# 購入数量
purchase_quantity = 5

# 購入合計金額を計算
total_cost = product_price * purchase_quantity

# 金額を表示
print(total_cost)

問題 12

変数 weight にあなたの体重(kg)を代入し、変数 height に身長(m)を代入して、BMI(Body Mass Index)を計算して表示してください。
# 体重(Kg)を代入
weight = 65

# 身長(Cm)を代入
height = 172

# 身長をメートルに変換(1m = 100cm)
height_m = height / 100

# BMI(Body Mass Index)を計算
BMI = weight / (height_m**2)

# BMIの解釈を含む出力メッセージ
print(f"あなたのBMIは、{BMI}です。\nBMI値が18.5未満の場合は低体重\n18.5から24.9は正常体重\n25以上は肥満です。")

問題 13

変数 distance に旅行の距離(km)を代入し、変数 time にかかった時間(h)を代入して、平均速度(km/h)を計算して表示してください。
# 旅行の実際の距離(km)
distance = 420

# 旅行時間(時間)
time = 6

# 平均速度(km/h)を計算
average_speed = distance / time

# 平均速度を表示
print(f"平均速度は {average_speed}km/h です。")

問題 14

整数変数 x に 5 を代入し、それを2倍して出力するコードを書いてください。
x = 5
print(x * 2)

問題 15

整数変数 y に 10 を代入し、それを3で割った余りを計算して出力するコードを書いてください。
y = 10
print( y % 3 )

問題 16

浮動小数点数変数 a に 3.5 を代入し、整数変数 b に 2 を代入して、a と b を掛けた結果を表示するコードを書いてください。
a = 3.5
b = 2
result = a * b
print(result)

問題 17

文字列変数 name にあなたの名前を代入し、それを5回出力するコードを書いてください。
name = "Tom"
print( name * 5 )
#スペースを入れる
name = "Tom"
print((name + " ") * 5)

問題 18

整数型の変数 price に製品の価格(例: 1200円)を代入し、財布にあるお金(整数型の変数 wallet に代入)からその価格を差し引いた後、残高を表示するコードを書いてください。
ただし、財布の残高が価格よりも大きいことを前提としてください。
# 製品の価格(円)
product_price = 1200

# 財布にあるお金(円)
wallet_balance = 1500

# 製品の購入後残高
remaining_balance = wallet_balance - product_price

# 残高の表示
print(f"残高は、{remaining_balance}円")

問題 19

整数型の変数 seconds に時間(秒単位)を代入し、その時間を分単位で表示するコードを書いてください。たとえば、seconds に 150 を代入した場合、コードは “2 分” を表示する必要があります。
# 秒数
seconds = 1800

# 分単位に変換
minutes = seconds / 60

# 分を整数値に変換(小数点以下を切り捨て)
minutes = int(minutes)

# 分を表示
print(minutes, "分")
# 秒数
seconds = 1800

# 分単位に変換
minutes = seconds // 60

# 結果を表示
print(f"{seconds} 秒は {minutes} 分です")

問題 20

整数変数 current_temperature に現在の気温(摂氏°C)を代入し、その気温を華氏°Fに変換して表示するコードを書いてください。摂氏から華氏への変換式は以下の通りです:華氏°F = (摂氏°C × 9/5) + 32。
# 現在の気温(摂氏°C)
celsius_temperature = 26

# 摂氏を華氏へ変換
fahrenheit_temperature = (celsius_temperature * 9 / 5) + 32

# 華氏(°F)を表示
print(f"摂氏 {celsius_temperature}°Cは、華氏 {fahrenheit_temperature}°Fです")
  • URLをコピーしました!
目次